12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

旅58日目(4月9日) 愛媛県宇和島市~愛媛県松山市 

A.M6:10頃、道の駅うわじまきさいや広場にて起床!



この道の駅はテントを張れるスペースがたくさんあり、
野宿しやすかった
トイレが遠いのが、ちょっと面倒だが…


昨夜の23時30頃、すっかり眠り込んでいたのに、
遠くのほうで騒いでいる声で起きてしまう

市街地にある道の駅は大体こうだから嫌だ…

こっちに来ないでくれよ~
心の中で念仏のように唱えていたのが、功を奏したのか、
しばらくすると立ち去ってくれた


そして代わりにお遍路さんかな?二人組みの旅人がやってきて、
どこで寝るかを思案しだす

しばらくどっかに行ったと思ったら、ほかにベンチはいくらでもあるのに、
なぜかラーメンだけ僕のテントの側で食べて、おしゃべりしだす始末…



う、うるせえ…( *`ω´)


しばらくして少し離れたところにテントを張り出す…
ここで堪忍袋の緒が切れた!



「そこでラーメン食えよ!うるせえんだよ!こっちで食べた意味あんのか!」



…と、心の中で叫んでおいた(笑)


まあこんな感じで結局1時頃まで寝れず…という、初めて旅人にちょっとイラッときた夜であった



時間を元にもどして、A.M7時30分頃、向かいにあるマックで朝食



コンセントもあるので、ばっちり充電
ブログ更新や本を読みながら過ごす
9時には出ようと思ったが、居心地が良すぎて結局10時にマックを出る


まず向かった先は宇和島城



宇和島に来たならココは外せない
現存12天守閣の1つとあり、前々から一度は訪れてみたい城だったのだ


天守入り口で写真を撮っていると、案内係の人に話しかけられる
来週滋賀にいくそうで、お勧めスポットを教えてあげる
いつも教えてもらってばかりだから、たまにはね…(^o^)


入場料200円を払い天守へ






宇和島は山々に囲まれて閉鎖的な場所だが、
漁港もあって町並みはなかなかの景色!
天気も良くて爽やかな気分になった…


宇和島城を一通り堪能した後は、道の駅へ戻って昼飯に



しらす丼大盛700円
宇和海産のしらすでなかなか美味でした

そして宇和島といえばやっぱりコレ



じゃこ天147円(^_-)
揚げたてをだしてくれたので熱々激ウマ!

ビールが飲みたくなるが、まだ午前中なので我慢我慢…



道の駅にあった「牛鬼」
宇和島の祭りで使うらしい
昨夜、コレの前でテントを張っていたと思うと若干怖い…


A.M11時45分 宇和島を出発!

国道56号線を松山方面へ進む
いきなりバイパスで迂回

少し山道を進むとやっと海が見えてきた



宇和島から西予へ向かうには山を越えなければならず、
坂道が結構しんどい…

ゼーハーいいながら、途中の廃店で休憩…



ここに展望台があったので、一枚



下はすべてみかん畑、もう収穫は終わって橙色がないのが残念

ここからもうひと踏ん張り登れば法華津トンネルが待ち構える
四国旅初1kmを超えるトンネルだ



法華津トンネルをなんとかクリアすると西予市に入る
国道沿いに『卯の町の街並み』という看板を発見
すこし寄り道(^ー゜)





風情があってなかなか良い景観だ
なにより静かなのがいい
ちょっとタイムスリップしたような感覚になれる



そうそうたるメンバーがここで宿泊した模様…
なぜこんな田舎に…政談とかか?

そして重要文化財である『開明学校』へ



建築に対する理解が全くないため、こーゆーのをみても…て感じ
こちらも休館日、まぁ開いてても入らないけど



こんな感じで卯の街散策を終え、少し登れば鳥坂トンネル



これで今日の難所は終わり
ビューんと坂を下って大洲市街へ

P.M14時40分 大洲城へ到着!







桜がちょうど満開で白壁の城とマッチしていた
中に入ろうと入場料を確認すれば、なんと500円( ;´Д`)
現存天守の宇和島城が200円なのに、こんな再建物が500円…
アホらしくなったので入場はやめて、次の観光スポットへ!



…⁈(−_−;)どのへんが…

なんでも『おはなはん通り』と言って、
明治や大正期の雰囲気を味わえるとかなんとか…
軽の車とか普通に停めてあってまったく感じなかったけどな…

街を挙げて観光スポットとして案内するくらいなら、
この一通りくらい車通れなくすれば良いのに…もったいない

ちょっと残念な感じで大洲観光終了
56号線から外れ、川沿いに進路を変え、一路海を目指します



P.M16時30分 海沿い手前のコンビニで休憩!



ここでパンを食べ、少し休憩
ここからは海沿いの道に入る
『ゆうやけこやけライン』と呼ばれ、いい感じで夕日が見れるとか





途中ちょっと寄り道



『下灘駅』に到着!
この駅は日本一海に近い駅として有名









確かに海が近い!
線路と道路を挟んだぐらいだから20mぐらいか?
撮影スポットなのか一眼レフを持った人達が数名いた

その後は道の駅で夕陽を見るため、とばすとばす!
走れメロス状態!

P.M17時45分頃 道の駅ふたみに到着!



ここで落ち着いて夕陽を眺める( ´ ▽ ` )ノ





おー!いい感じた
途中、自画撮りしようと苦戦している女の子3人に声かけ、
写真を撮ってあげる…

その後の展開を期待したが、写真撮るとサッサと帰ってしまったよ…

俺汗臭かったかな?(笑)

ひとしきり夕陽を見た後は、松山市内へ
ここの道の駅で野宿しようと思ってたが、
なんだかいまいちだったので松山市まで一気に進むことに!

P.M20時00分 道後温泉に到着!



400円~1500円の値段により何種類かコースがあり、
800円の神の湯コースを選択

まずは2階和室に通されます



男性はここで浴衣に着替えて、階下の風呂場に降りて行きます

湯船は意外と小さいが、歴史ある感じで趣きがあります

風呂からあがればお茶菓子がでてくる



お茶菓子を食べながら外の景色を楽しむべし



道後温泉は湯は勿論、
お茶菓子や景観の持つ独特の雰囲気も、その魅力のひとつ

400円コースは風呂にはいるだけなので、
800円の神の湯コース以上を選択したほうが良さそうです

その後は松山駅近くのネカフェに泊まりました( ´ ▽ ` )ノ

こんな感じで旅58日目終了です

【走行時間】5.54【走行距離】114.88
【平均時速】19.4【最高時速】51.7
【消費cal】1651【総走行距離】801

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/04/10 Tue. 19:48 [edit]

category: 愛媛→香川

TB: 0    CM: 6

10

コメント

 

 海岸沿いのフラットな道はいいですね~、アップダウンが無ければ…それはそれで面白くないか……。
 現存の城は、建築費の減価償却がとうの昔に終わっているから、入場料が安いのではないですかね?

URL | ケンゾーサン #sAC0zsYk | 2012/04/10 21:20 | edit

 

ケンゾーサン

アップダウンはないほうがいいです…
そこまでM化してないっす(^。^)

消化源却という単語がでてくるあたり
…ケンゾーサンはメーカーの方ですね?

URL | shinya #- | 2012/04/10 21:26 | edit

 

フフフ……先を走ってる人のブログはためになる。
よさそうな道の駅ですね。宿泊候補に入れておこう。

自分が今いる場所は、スペースが狭くてwww
テントはれません。
また寝袋オンリーです (´;ω;`)
もう、明日は宿とるかなぁ。

これを書いている今、絶賛降雨中ですが、shinyaさんもお気をつけて!

URL | Amaichi #- | 2012/04/10 21:45 | edit

 

ケンゾーサン

げんかしょうきゃく、でした
なに書いてんだわたくし…アホすぎる

Amaichiさん

先人たちのブログは参考になりますよね( ´ ▽ ` )ノ
ぼくもノッテぃさんとかちっぱさんのブログを参考にすることが多いです!

なんかチャリダーで地図つくりたいっすね、
楽しそう(^。^)

URL | shinya #- | 2012/04/11 05:45 | edit

 

 いえ、メーカーじゃないんですが。 むか~しむかし(二十ウン年前)商業簿記を習ったことがあるだけです。 

URL | ケンゾーサン #sAC0zsYk | 2012/04/11 20:34 | edit

 

静岡たまからヤマハじゃないかな~とか
思ってました(^_^;)

簿記ですか…
営業だった僕には難しい話です…

URL | shinya #- | 2012/04/11 21:02 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://shinyayamchan.blog.fc2.com/tb.php/73-66e1d10f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。