12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

旅40日目(3月10日) 山口県萩市~山口県萩市田万川 

どうもです!


只今京都の実家にいます!


ちょっと用事等あるのでしばらくは実家滞在になるかと思います
北上を開始するのは4月中旬頃になる予定です


その間に遅れたブログの編集と、
番外編として四国一周をしてきます
(番外編といってもしっかり日本一周内に入れますが…(;・∀・))



では旅記事どうぞ!







A.M6:00 道の駅萩しーまーとで起床!


昨夜から雨が降り続いている…


神戸大学のサイクリング3人は既に出発したようだ
テントを近くに張っていたが、姿がない


洗い物や洗顔、歯磨きなどを済ませるが、雨は止まない模様…


仕方なく、パソコンを開いてブログ編集をする…

が、寒さでうまくキーボードを打てない…(´Д`)


8:30頃になり、やっと雨が弱まったので、マックへ移動することに!

昨日の自転車移動の件があったのであんまり行きたくなかったが、
この寒さには勝てません(;・∀・)


コンセントのある席に座っていたのだが、
途中、店員さんに休日なのでお客さんが来たら席移動して欲しいと言われる…


昨日の自転車もそう言ってくれれば…(#・∀・)←しつこい


11:00ぐらいになってお客さんが増えてきたので、店を出ることに…
若干雨が降ってるが、まあ小雨なのでこのまま萩観光してしまおうと出発!



とりあえず雨がしのげる屋内の施設へ向かおうと城下町方面へ進む


…なぜか全く逆に進んでたので慌てて引き返す…


城下町に向かう途中、「明倫館」があった


DSCN1843_R.jpg


「明倫館」は長州藩の藩校で、今も小学校として使われている
なので中の見学などはできない、外から写真を撮っておく


ここで観光客のおじさんから話しかえられるが、雨が降ってるから、そのまま行かせて欲しかった~

そして荷物が珍しいのはわかるが、勝手に色々触るのはやめてくれ~('A`)



その後、なんとか城下町へ到着!

DSCN1848_R.jpg


小雨なので写真だけ撮って進む

途中、木戸孝允邸があったので一枚

DSCN1849_R.jpg



城下町から博物館まで5分と掛からないのだが、急に雨が止んだので、
このままさらに奥の萩城址まで行くことにする



DSCN1852_R.jpg



中に入ろうと思ったが、入場料が掛かるらしい、200円
どうみても中には木以外何もない気がするのだが…


春になれば花が咲いて綺麗なんだろうけど、
今は葉もついてない寂しい感じなので入るのは辞めておいた


砂浜に少しだけ自転車道があった、景色が良いので写真を


DSCN1855_R.jpg


その後、落ち着いて見学しようと再び城下町へ

DSCN1850_R.jpg


高杉晋作邸を発見!(・∀・)


DSCN1861_R.jpg


入場料100円を払い、中へ

DSCN1864_R.jpg


高杉晋作はもともとそんなに大身でないので、家も小さい
1分ぐらいで見学終わる感じ(;・∀・)


城下町を散策していると晴れ間も見えてきた…っ!

DSCN1865_R.jpg


よーし、これはいい感じ(・∀・)
ということで城下町から少し離れたスポットへ自転車を走らせる…



DSCN1866_R.jpg


「松下村塾」に到着!

松下村塾は長州藩士の吉田松陰の私塾で、ここで高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文や山縣有朋など
幕末・明治に活躍したそうそうたる人物がここで学んでいたのです


DSCN1871_R.jpg

↑ここが講堂

意外と狭い…


残念ながら吉田松陰は井伊直弼の安政の大獄で処罰され亡くなってしまいますが、
彼の教えを受けた塾生たちは後々しっかりと活躍しています



そして同じ敷地内にある「松蔭神社」へ

DSCN1872_R.jpg


ここは吉田松陰を祭神とする神社

絵馬には〇〇高校合格!などと書いてあり、
どうやら大宰府と同じような立ち位置として捉えられているらしい…

受ける試験など何もないのだが、一応祈っておいた…今後のために(;・∀・)



松蔭神社からすぐ近くに伊藤博文の旧家があるとのことなので、立ち寄ってみる


DSCN1873_R.jpg


伊藤博文と言えば、初代内閣総理大臣
…の割りに小さい家だ…


もともと貧しい家の出身だから、こんなものか…
しばらくはこの小さい家を拠点に政治活動していたらしい


そして隣には、東京に建てた家が移築されている


DSCN1877_R.jpg


こっちは大きい、これでも1部を移築しただけで本当はもっと大きい屋敷だったそう


なんでも伊藤博文亡き後は、カメラのニコンの社員寮として使われていたそうだが、
道路拡張工事の為、ここに移築されている以外はすべて壊されたらしい…



長々と書いてしまいましたが、萩観光は以上!

昼飯にホットモットの塩からあげ弁当を買い、道の駅でささっと食べ、
早速島根向けに出発!!!(・∀・)




DSCN1882_R.jpg


海岸線の国道191号線を進んでいく

天気も文句なしの晴れに変わり、景色は抜群
風も多少吹く程度で気にならない


P3101406_R.jpg

P3101403_R.jpg



途中、「道の駅阿武町」を通過


DSCN1883_R.jpg



この道の駅は「道の駅」発祥の地らしい…

でもそんなん興味ないので、立ち寄らずスルー(゚∀゚)


この道の駅を過ぎると海岸線から多少内陸に入るが、すぐまた海岸線

快調快調(゚∀゚)

DSCN1885_R.jpg



…がっ!




ここからトンネルトンネルのオンパレード!



DSCN1886_R.jpg


歩道狭い…('A`)

中途半端にこんな歩道があるもんだから、
車道を走っても歩道の段差が邪魔になって車道にはみ出すぎてしまうし、歩道を走るとこの狭さで危ない


こんな歩道ならいっそないほうが有難い



100mから400mぐらいのトンネルを5~6個続く
交通量も地味にある

前方にトンネル見えるたびにうんざりしてくる('A`)


それにプラスして次第に山道へ…
アップダウンも出現し、追い討ちをかけられる…



DSCN1892_R.jpg



そしてこれ


DSCN1893_R.jpg


1.4km…('A`)



そしてまたあの狭い歩道…


この長さだ、流石に車道は危険なので仕方なく歩道で自転車を押して進む…


実はさっきのトンネルで歩道を走っていたら、バランスを崩して
あやうく車道に転びそうになったのだ


「あ、下手したら死ぬ」と思ったので、時間は掛かるが
歩道は押して歩くことにした


ただ、押して歩くのも一苦労だ
なにせギリギリ自転車一台分ぐらいの幅しかない

そのわずかなスペースでは歩幅はほんの少ししかとれず、
小股で少しずつ進むといった感じだ







そんな感じで100mぐらい進んだだろうか…



突然、



「ガタァン」



という大きな音がトンネル内に響き渡る!


と、同時に今まで煌々と点灯していたオレンジ色の照明が
すべて消える!!!!


DSCN1894_R.jpg


あのオレンジの照明が消えると、トンネル内は一気に暗闇に包まれる!

なんとか蛍光灯の照明の周辺は歩道も確認できるが、
照明は数10m置きにしか点灯しておらず、
足元が暗闇で全く見えないところさえある…('A`)



照明が消えたときはマジでビックリする、
その音もそうだが、一気に暗闇になる感じが衝撃的に怖い





あーもうはやく出たい、はやく出たい




トラックや車の轟音も怖いが、
それよりも暗闇が怖すぎる…


全く足元が見えないところを進むのはほんと怖い
自転車の幅も確認できないから、車道へ落ちないかと必死

小股でゆっくりと進む




何mぐらい進んだのか、出口はまだまだ見えない



トンネルの先が下り坂になっているせいだろうか、
「これはこのまま地獄へ繋がっているんじゃないか」と本気で錯覚してしまう




トンネル内は車が通っている間は轟音だ、特にトラック
ただ、全く通らないと自転車のチェーンが回る音と、
時おり水の滴る音がするぐらい妙に静かになる



これがまた怖い


霊的なものはあまり信じないほうだが、この暗闇と静けさと延々と続くトンネルのせいで
妙に後が気になる


意識しだすと、後でする物音がやけに怖い
なにかいるんじゃないか、そう思ってしまい、全く後を振り向くことができない



「く、車、車はやく通ってくれー!!!」

心の中でそう思う、普段のトンネルなら絶対思わないけど



こうゆうときに限ってなかなか車は来ない…



そして…その時…




















ふっと白い影が横目に写る…





































!!!!!






























思わず足が止まる

一瞬の出来事に血の気がサーっ引いていくのがわかった






















ヤバイとかそうゆうのじゃなくて、頭が一気に真っ白になる














そして次の瞬間…!




















白い影が真横からサッとさらに前方へ!




















反射的に目線がいってしまう!!!!


















ああああああああああああああああああああああ!!!!






















































































ビニール袋でした(笑)





まあ、こんな恐怖体験?をしつつやっとトンネルクリア

DSCN1896_R.jpg





あ~、ラスボスクリア~…


よかったよかった…




もうすぐ道の駅かな?






DSCN1898_R.jpg



…700m級のサプライズボーナス('A`)





ラスボス倒したとおもったら、その前の中ボスがまだ残ってたみたいな、後味悪いかんじに…





そんなこんなでやっと道の駅到着




P.M18:00 道の駅ゆとりパークたまがわ に到着!


DSCN1899_R.jpg



その後は、近くの温泉へ行き…


DSCN1903_R.jpg



道の駅の裏でテント張って寝ました~!

びびりまくった旅40日目終了です!



【走行時間】3:23【走行距離】46.42㎞
【平均時速】13.7km/h【最高時速】39.2km/h
【消費cal】459 【総走行距離】1442㎞





よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/03/20 Tue. 15:22 [edit]

category: 山口→島根

TB: 0    CM: 5

20

コメント

 

shinyaさん、はじめまして。
いつも楽しみに日記を読ませてもらってます。
トンネルは本当に怖いです。。。

四国編も楽しみにしています。
四国はアイスクリンという安っぽいアイスクリームが売ってるんですが
これがおいしくて毎日食べてました。

京都ではなかなか売ってないとおもいますので
一度食べてみてください。

URL | 一乗寺 #djnh.SQU | 2012/03/20 21:06 | edit

 

トンネルは怖いですよね~ 自分も高山で4000m級のトンネルにはまってビビりながら走ってました>< 

四国は一度行ってみたい場所なので楽しみにしています。 もしかしたら4月までに一度京都方面へ自転車で行くかもしれません^^

URL | No Limits #- | 2012/03/20 21:30 | edit

 

トンネル地獄お疲れ様です。
ビニール袋のくだりは声出して笑ってしまいました^^;

日本海側はまだまだ寒いようですし、風もありそうですね。九州から本州に入り、楽しい部分・厳しい部分が出てきたみたいですが、体調に気を付けてください。

では息災と友愛と再会を

URL | teto #- | 2012/03/20 22:37 | edit

 

 トンネルは怖い、確かに怖い。 天城トンネルがそうなんですよ、照明はほぼ無し、狭い歩道で段差があるし、車道は結構交通量有るし。 また造られて結構経ってるしトンネル内はあまり頻繁に舗装し直せないから荒れてるし……、行く人は走って通過するんですが、私はダメですね歩道を押してます。 LOOKのKeoクリートが……。

 『旅好きオヤジの自転車巡礼記』 小林建一・著 枻文庫
 自転車で四国八十八箇所札所巡りした人の巡礼記です。
 前半が四国八十八箇所札所巡り。 後半がフランス・パリ~スペイン・サンチャゴ・デ・コンポラステラの巡礼。 枻文庫ってあまり置いてる所ないと思いますので、もし買うなら通販がいいかと思いますよ。 あと、ちっぱさんの記事も大いに参考になるでしょう。

URL | ケンゾーサン #sAC0zsYk | 2012/03/21 01:14 | edit

 

>一乗寺さん

はじめまして!コメントありがとうございます

アイスクリン…!
たしか高知で一度みたことがあります…
が、食べたことはありません、、

だんだん暖かくなってきてますから、
そろそろアイスに手を出してみるのも良いかもです!
南国高知で食べてみます(^ω^)






>No Limitsさん

4000m!? そんな鬼畜トンネルあるんすか…
気がおかしくなりそうです(笑)

押して歩いたら抜けるのに何分掛かるのよ(;´Д`)


おっ!京都にこられるんですか…!
そのまま一緒に四国いきません?(笑)


>tetoさん

今となってはいい思い出ですけど、そのときはめっちゃびびりましたよ~(笑)
ビニール袋とわかった瞬間、一人で呆れて笑ってましたね(゚∀゚)


山陰は風と寒さがきつかったですね…山陰なめてました
でもこれからが本番というか、
東北は仙台ぐらいしか訪れたことないのでかなり楽しみですし、
北海道は言わずもがな…

北上がかなり楽しみです!


>ケンゾーサン

天城トンネル!車で何度か通った記憶があるような…

車だとあまりトンネルも敏感にならないんで、覚えてなかったりですが、
自転車だとやたら記憶に残りますね

交通量の多いトンネルは歩くのに賛成です
クリートには悪いですが…(笑)履く人間が故障したらクリートも活躍できないですし!


お遍路情報ありがとうございます
しかしお遍路どうしましょうか…むむむ


URL | shinya #- | 2012/03/21 18:26 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://shinyayamchan.blog.fc2.com/tb.php/55-671771a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。